完成物件紹介

聖アンデレ教会 2004年第一期構造補強工事

和田建築設計工房 和田様の構造補強計画で基礎工事、補強工事をボランティア作業にて参加させていただくご縁を得てレンガ建物を改修する機会をいただきました。

八木様邸改修工事 2005年 構造及びバリアフリー工事

築60年の建屋を内装解体しシロアリ予防措置行い、構造補強工事を施工。内装は、今後の事を考えバリアフリーとした広い空間を確保できました。


セルフビルトの実験小屋 2007年 築造。

農作業用の水を雨水を利用したタンクで供給。実験棟として簡易な時計型薪ストーブも設置し、床暖房などを試みる。2017年 移譲。   


久保様邸新築工事 2008年 瀬戸内海に臨む絶景の敷地

長浜の黒田から見下ろす瀬戸内海は絶景。道路からひな壇で上がった敷地に平屋建ての家の目の前に広がる穏やかな海に自然と心が癒されます。間取りについても打合わせを重ねたうえで屋根裏収納などや押入上の換気窓など工夫をこらし満足いただけるものとなったとおもいます。

途中の坂から一枚

明るく瀬戸内が一望できるLDK

完成時 道路からのファサード

自邸兼事務所新築工事 2009年 自然素材で自邸を造りました

基本プランを練ること17パターン、約一年かけて外観、間取り、仕上げ、設備を考え具体化しました。各職については実際その方とお会いし考え方の摺合せをさせていただきました。各職それぞれ個別に発注しました。工期は、約10か月。各職の協力により無事完成しました。

完成時

建て方

土壁施工

オリジナルキッチン

渡りあごで組んだ組天井

実家改修工事  2011年 商売(こんにゃく製造)をしていた頃の作業場を減築改修しました。

減築下部分を軽自動車がとめれるようにしました。なお、外部からの目線をさえぎるために格子にて開口部分を覆いました。それが一つのデザインになるように考えました。

 

加藤様邸耐震補強工事 2011年 現地調査に基づき壁の耐震補強工事をしました。

現状の仕上げの雰囲気が変わらないように自然素材の木材を使い、目立たないところで補強、復元しました。

在来軸組構法の加藤様邸

壁下地を構造用合板にて補強

本棚の後方壁については、杉板にて仕上げました。

リフォームしたキッチン

廃棄する流しの天板のみ再利用し、キッチン本体は自然素材を使用したBOXを作成 。要望に応え、吊り戸はやめて引出しとワゴンで収納部分を確保しました。

 

コーポK改修工事  2012年 共同住宅をオーナー専用住宅部分としてリフォーム。

できるだけ体にやさしい自然素材で内装を提案させていただきました。また、バリアフリーを念頭に直接肌に触れる箇所はできるだけ木の無垢材を使用するようにしました。また、外部サッシの結露防止の一助として調質効果のある珪藻土を壁に塗りました。

完成時外観

床は、突板仕様のヒノキ材

物入など湿気の多い個所は全面杉板張り

廊下部分は、腰板を杉材とし壁は調質効果のある珪藻土を塗りました。

ベランダについては部屋からバリアフリーで使えるように杉の無垢材を張りました。

聖アンデレ教会 2013年第二期工事。(松山市南持田町 施工 株式会社 門田組)

第一期工事から9年。屋根および雨漏れのする壁面改修工事を行いました。

屋根養生を施し、内部の痛んだ木材を交換。

一部の隙もないよう慎重に計測しながら取り換えを進めてゆく

屋根の水受けとなる内樋を屋根材の下に潜り込ませるよう慎重につないでゆく

壁のレンガの隙間を目地材を使用して埋めてゆく。地道な作業である。

屋根を赤色から緑色に塗り替えややシックになって完成。

下村邸改修工事 2015年2月完成  

計画準備期間 2014年3月~9月。工事期間 2014年10月~2015年2月。築45年の物件を今後のライフ生活を見据えて内外ともにリフォームしました。階段室の位置を変えお施主さんがお持ちの蔵書を整理する本棚を作り付けと可動式家具にて確保しました。構造的にも、壁の補強および床の剛性を高めて修繕しました。外部については、西側道路からおよび東側伊予鉄郊外線からの視線をさえぎるよう格子および斜め配置の板壁を設置しました。改修後もお施主さんのアイディアと植栽で少しずつ変化しているのが今後も楽しみです。

○○○○○○○○イメージ


あんき参号館 2015年6月完成 (松山市西垣生町)  準備期間 2014年3月~12月。工事期間 2015年1月~5月。

介護関係施設の経営をされているお施主様の肝入で 介護もできる賃貸住宅としてA棟、B棟として隣接して2棟させていただきました。 南側に隣接する建物との距感を確保するため、やさしい北側採光としました。 ドアを一枚も設けずすべて引き戸にしたことでいつでも気配が感じられます。

○○○○○○○○イメージ
○○○○○○○○イメージ

お年寄りにやさしい北側採光用高窓

○○○○○○○○イメージ

すべて引き戸にすることで必要開口の調整やデッドスペースをなくし全室換気を可能とした。

丸英製紙新築工事 2016年1月完成 (高知県吾川郡いの町 施工 有限会社 森下鉄工所)

昔から紙の製造で有名な高知県いの町に建築しました。完成時には地区の方全員に周知の上、餅まきをされた記憶がわすれられません。地元と密着した仕事を続けられるお施主さんの人柄を感じます。

 

○○○○○○○○イメージ

1階仕上がり空間

○○○○○○○○イメージ

完成時

束本町アトリエ 2016年4月完成 (松山市束本町 施工 有限会社 山榮工務店)

街中で建築許可を得るために初めて燃えしろ設計を採用したティンバーログハウスです。ティンバーハウスの前につくられたフロントデッキが尋ねてこられるひととの橋渡しや御主人の趣味の木工作業の場になったり、農作業の合間に休憩されるであろうご夫婦の語らいの場に一役買っている姿が思い浮かびます。

○○○○○○○○イメージ

 

○○○○○○○○イメージ

 

愛商作業所新築工事 2018年6月完成(大洲市松尾 自社施工)

ログハウス風、木造の事務所のそばに建てられた鉄骨造平屋建て金網製作工場です。お施主さんの社長は、建物を建てることに愛着と情熱を持っておられる方で、柔軟な発想からいろいろ提案されてきました。教えていただいたことも多く無事建物を完成することができました。ありがとうございました。

○○○○○○○○イメージ

完成時 R56宇和方面にむかって 

○○○○○○○○イメージ

北側換気用開口

○○○○○○○○イメージ

内部クレーン2基設置

橋本様邸耐震補強工事 2018年9月完成(松山市 施工 株式会社 世企)

愛媛県木造耐震診断事業の中で、2階部分を今後使うことはないので…との施主さんからのお話しの中で2階部分を減築することにより評価点数がクリアできました。その後、補助金を申請を行い認可後、耐震改修および劣化部分の修繕工事に至りました。

○○○○○○○○イメージ

耐震補強前現況写真

○○○○○○○○イメージ

平屋建てに減築改修により耐震評点をクリアして完成

森製紙新築工事 2019年2月完成(高知県高岡郡日高村 施工 有限会社 森下鉄工所)

高知県はもともと紙の産地で有名です。この工場は特殊紙の製造をしていてパーマネント用マイルドペーパーのシェアーでは、全国の過半数を超える特化した工場です。

 

平井の家(豊田様邸新築工事) 2019年3月完成(松山市平井 施工 有限会社 山榮工務店)

久万広域森林組合の杉パネル(間伐材利用)をすることで、環境保全に寄与した気持ちいい空間が確保できました。

○○○○○○○○イメージ

 

○○○○○○○○イメージ

 

千龍苑(焼肉店)新築工事 2019年11月完成 (大洲市徳森 施工 宮内建設)

大洲市のR56 ロードサイドにある人気焼き肉店。昨年の水害で解体をやむなくされたあと瀟洒で落ち着いた雰囲気で新しくなりました。おいしい焼肉もさることながら、換気、設備ともに充実した店舗に是非お出かけください。

 

○○○○○○○○イメージ

駐車場側から見た外観。

○○○○○○○○イメージ

堀こたつ形式の使いやすい食卓テーブル

○○○○○○○○イメージ

プライバシイを考慮した半個室型間仕切り