考房の設立にあたって

基本信条

『自分の家』をつくるつもりで家をつくる。
自分の家をつくるとなると誰しも夢や希望をもって、いろいろな思いをめぐらしながら、間取りや形を考えるのではないでしょうか。その気持ちで、クライアントの想いにより添うような提案をし、実現できるようお手伝いします。

 

CEO

 

家は、人が住む単なる器ではなくそこに住む人の生き方、生きてゆく上での姿勢を表現する場所だと思います。あま梅雨をしのぎ、夏の暑さや冬の寒さから身を守るという基本的な機能はもちろんですが、人が生きてゆくには身の回りの環境の中でこころからだのバランスを取りながら生活しています。その中心を占めるのは衣・食・住です。

もちろん、この三つどれも欠かせませんがやはり生活の中心となりうるのはいつの時代も家ではないでしょうか。

 

 


考房沿革

2005年
一級建築士事務所として愛媛県で登録。屋号を藤本博之住宅考房とする。
2020年
設立15年を迎える。