新着情報・FAQ

新着情報

 

2020年1月7日~9日
東京2泊3日の旅                             
予てからから行きたかった東京 新国立競技場を見に行きました。他にも代々木公園先回の屋内競技に使われた代々木競技場、日比谷公園、皇居、浅草、東京タワー、相田みつお美術館など。まだまだ行きたいところはありましたが、時間的にはとても無理でした。『今度の楽しみ』 
                       
2019年2月2日
長浜ふれあい会館にて長浜の子供を育てる会主催のネームプレートづくり
母校(長浜小学校)の生徒たちやまだ小学校入学前の小さな子供たちと一緒にネームプレートつくりに取り組みました。おとなになると忘れがちなすなおな発想や意外性に感心したり、無心に取り組むこどもたちに心洗われた一日でした。『ありがとう』 また、準備やお手伝いをしていただいた公民館の山下さん、矢野さん、瀧野君お疲れ様でした。                     
2018年7月14日
足立美術館に行ってきました。
徹底的に管理された自然美とおおらかな借景の庭。遊び心のある風景の切り取りなどいたるところに工夫された美術館でした。いってよかった!また行きたいという気持ちをもちました『すばらしい』  

サポート情報(FAQ)

自然素材を使った建物

Q.自然素材の建物ってどのような建物ですか?

A.過去、50年前くらいには普通に建てていた家です。木(無垢材)を基本とし、親方『棟梁』と呼ばれる指導者のもと大工が、柱、梁を加工し骨組みを作り左官が壁(土壁)を施工し、建具職人が開口部寸法をあたって木、紙を使ったふすま、障子などを製作建込した建物です。そこには、長年の間に伝えられてきた技と心で自然のものを余すところなく使った知恵と工夫が表現されていました。

Q.防虫塗装や劣化防止の為には何をお使いですか?

A.基本は構造体と同じように自然素材を使用したいと思い実際使用しています。床下、土台、柱まわりなど見えないところには柿渋弁柄を混ぜて刷毛や布などで塗布します。これには、防虫のほか防腐などにも効果があると思っています。他に、床下、土台などであれば木酢液竹酢液なども使っています。

A.その他、ドイツ KREIDEZEIT(クライデツアイト)社代理店 プラネットジャパン社の自然塗料も使用しました。身近なところでは地元大洲城外壁に使用されています。改修から15年ほどたっているかと思いますがあまり劣化しているようには感じられません。

Q.木の『家』って気持ちいいですか?

A.実感として気持ちがいいです。とくに木の香りは、気持ちに落ち着きを与えてくれると思いますし、母が生前うちに来て泊まった時、ここではぐっすり眠れると言っていました。

A.今回、お仕事をいただきました東石井土地改良区事務所では、外壁、内部床、腰壁および2階の天井については県産材の杉、ひのきを使用しています。

Q.今後の展望については?

A.今後、木造での建物については資源としては十分あるかと思います。使い方について構造、仕上げはもちろんですがその使い方および考え方は幾通りもあると思います。若い方の考え方で今後あたらしいモノづくりが確立してゆくのではと思います。


リフォーム関連

Q.どこまでリフォームできますか?

A.一般的には、基礎さえしっかりしていればその上屋の状態も確認の上、相当な範囲でリフォームできると思いますが、コスト的には新築よりも高くなる場合もあります。その価値や想いを見つめ一緒に住まわれる家族、パートナーとも十分に話し合いのうえ、決定することをお勧めします。

Q.リフォームでも自然素材は使用可能ですか?

A.十分可能です。実際、わたしの実家の改装の時には床材家具をはじめ仕上げ材にも自然素材を使用しました。また、以前改修させていただいた下村様のお宅などは、床、壁、階段、開口部、家具などかなりの範囲で使用させていただきました。

Q.カビや結露について

A.部屋の使用状況にもよりますが仕上げ材が内外温度差により露点に達したとき、仕上げ材が水分を吸収できなかった為、表面に水分が滞留したため発生したもの(結露)やカビの発生があります。手入れとしてはこまめに掃除することで少なくなると思いますが、掃除しにくいところで気になるようなら仕上げ材を調質性能が良いもの(木製の板壁、珪藻土などの塗壁)にかえれば調質効果もあり防げるかと思います。

A.なお、調質機能に優れたものを使用するとともにそれと組み合わせて開口部を取ることで換気を促すことができるので健康にもよいかと思います。